サッチ分解材「芝楽ラクトBRX」

荷姿 1Kg袋×10袋
使用方法例 フェアウェイ
1,000Lタンクに1Kg投入。散布水量1m200ccで0.2g投下。
グリーン散布水量1m500ccで0.5g投下。
使用時期 冬季の気温が低い時期でも活動致します。
通性嫌気性発酵菌群ですので、分解時悪性のガスが発生しません。
水溶液は作り置きせずに、5時間以内に使い切って下さい。
製品保管 常温での保存が可能です。(直射日光は避けて下さい)

特長

酸素の有無、温度差に関係なく、表層部・深層部で活動します。
土竣深層部の未熟有機物(サッチ隔)の分解を促進し、芝の病気の発生を予防します。透水性が改善され、ぬかるみ状態を改良します。腐植の生成により団粒化の形成が早く保水性・透水性を改良します。乳酸の生成により有機塩の合成でミネラルの吸収を促進します。
ECの低下によるリン酸吸収を促進します。施用後、約1カ月程度でブラックレイヤーの改善が見られる様です。サッチ層の分解による肥料効果が出ますので、チッソ分の施肥は抑え目にお願い致します。
過剰な有機物・チッソを投入しても緩効的なチッソ肥効となります。通気性・排水性を改善し、硫化水素等の有答ガスが発生しませんので、ガス溜まりも出来ず、根が均一に伸長する傾向が見られます。

Copyright © MatsuyamaBussan All Rights reserved.